ドレスのお直し料金について

ブライダルサロン神戸北野フェリーニです。
いつも
ご覧いただきましてありがとうございます。
 
ドレスのサイズ直しの価格についてご説明させていただきます。
ご予約のお電話の際に、大体の今の現状をお聞きして想像してわかる範囲で
お見積りをお伝えするようにしています。
当店はお持込のドレスのフィッティングをされる場合料金8000円いただいています。
なのでドレスのお直しの場合、お直し代にこちらがかかってきます。
こちらの代金の詳細なんですが、
お直しでも、厳しい着付け方を習得したプロのドレスフィッターがフィッテングさせていただきます。
それと理由はもう一つございます。
数年前はこの金額を設定をしていませんでした。
その頃「お直しはないのですがきさせてほしい。」「着て小物合わせをしたい」
とお問い合わせも多くいただきました。購入ドレスの花嫁様がドレスをきちんと着る場所もなく困っておられることは十分理解できます。なので「いいですよ~~」と簡単に受けていました。
はじめは1か月に数件だったのですが3か月もしたら月に30件以上になりました。
当店、同時刻1件のみのプライベートルームをポイントにして営業活動を行っております。
月に30件・・・ほとんどが土日です。
簡単に計算したら1組1時間のフィッティングとして1日8件
30件となると最低でも4日です。月に土日が8日間ぐらいなのでその半分が無料のフィッティングのお時間となってしまいました。
これが3か月続いたときに「このままではもうこのお直しというお仕事は続けれない・てかお店が続かない・」と。でも購入される花嫁様は増える傾向になり本当にサイズを直してほしい!花嫁様のたくさんおられることも理解しています。それでこの価格を設定させていただきました。
その代り、お直しの料金は、当店もドレスショップからのお直しの依頼をいただいていますがそちらと同じ価格設定です。また、当店だ出すお直しやさんとの価格とも同じ設定にしています。
お直し箇所が多くなった際などはお見積りをみていただいたらお解りになられると思いますが
通常の価格からさしひきさせていただいています。
ただ、お直しなしで、きるだけ・・という方には、申し訳ございませんがこの価格を提示させていただいております。
当然お直しなくても当店でフィッティングに来られた花嫁様は挙式までの間カルテも状況も確認させていただきます。エステやダイエットをされるという情報があった際は挙式直前にもフィッティングにご来店いただくようお声をかけさせていただいています。
フィッティングしてサイズ直しがないからしらんぷり~~ってそんなことはしません。
一度いただいたご縁ですから
当然挙式まで、いえ挙式後のメンテナンスまで責任をもって対応させていただいています。
 
 
 
 
大事なウェディングドレスをサイズ直し・リメイクに出すのには当然不安もあると思いますので
お問合せが多かったご質問をまとめてみました。
 
Q、「繊細なレースなのでお直しを他店で断られましたが大丈夫ですか?」
A、当店にお持込されるドレスは繊細なデザインなものが多いのでレースをできるだけ傷つけないよう工夫をさせていただいています。使用させていただくシルク糸を加工して専用の糸にしております。
Q,「ブライダルインナーを買ってないのですか可能ですか?」
A,当店取扱いをしている商品をご購入でしたらサンプルがございますのでそちらで採寸をさせていただきますが、お直し途中にインナーの変更になると、メーカーによってサイズが変わることもございます。ですのでインナーがお決まりでないとお直しはできません。
Q,「現在ダイエット中ですが可能ですか?」
A,大幅に体重が変化するようであればサイズが変わります。採寸後本縫い完成後に変化されてやり直しになると、当然一から縫い直しになります。その場合、ドレスにも負担をかけることにもなりますので基本サイズが明確になってからお願いしております。ただ、お直しの際には骨格をみさせていただきますので多少の体重変化があることをお知らせいただきますと計算して縫うことも可能です。
 
 
すこしお直しについて
当店のこだわりをお話しさせてください。
 
当店の勝手なおもいなのでお伝えしていなかったのですが、
沢山のご来店いただいていますのですこし勝手な思いをお話しさせてください。
 
ドレスがずれないことが当然大事です。
 
それ以上に当店がこだわっていることは、
ずれないこと
そして
ライン(胸がつぶれない・ウエストのくぼみ上半身のバランス)
にこだわっています。
現在ドレスのサイズ採寸は3人体制で
ドレスの破けなどの補修は4人体制で行っています。
 
一人の花嫁様の採寸には2人で行っています。
理由は
数ミリのお直しのサイズにこだわっているからです。
2人で1ミリの話合いをすることが多いんです。
 
そして
何度も縫い直しをすると
ドレスに針の穴があいてしまいます。(生地によって直るものありますが)
でもできるかぎり
ドレスを痛めたくありません。
 
なので2人でサイズの数ミリの戦い(笑)
(けんかとかではないですよ~~~)
話あいます。
 
たとえばヴェラウォンブランドのドレスをサイズが大きくて
小さくする場合
ドレス自体がサイズが大きいので
ウェスト位置が下になる場合があります。
 
ただたんにサイズを縮めるだけでは、もったいないです。
なのでウェスト位置を調整したりするのも当店のこだわりです。
 
後お胸のところが浮くことも多いです。
胸の上の部分。
ここもどうしたらよりよくなるか、
花嫁様によって異なってきます。
ただたんに浮かないようにすることは簡単です。
でもお胸をつぶしてしまうことにもなります。
 
花嫁様のスタイルによって
針あとをたくさんつけず
よりよい方法を考えて
ご提案させていただいています。
 
なぜ2人態勢でおこなっているかというと
簡単にいうと
2人が意見が合わないと
何度も検討するからです。
偏った方法ではなく
よりよい方法を生み出すためです。
 
ドレスをより花嫁様を引き立てられるものに仕上げていくか
とことんこだわりたい
 
花嫁様のためにこのドレスがある!
 
こんな風にしたい思いでお直しをさせていただいています。
 
 
花嫁様を引き立てる役目のドレスです、
できるかぎり、
オートクチュールで作ったのと同じように
ドレスをより一層花嫁様を引き立てれるドレスにしたいと思っています。
だからといって時間をたくさんいただいたり、
沢山金額をいただいたりとかそういうことではございません。
 
私たちもドレスのオートクチュール制作をしているプロとして
どうしてもドレスの出来上がりにこだわりたいんです。
1ミリにこだわりたいんです。
なので、採寸時に担当のもので数ミリの戦い(笑)
をさせてください。
 
仕上がりを
花嫁様の世界で一着だけのドレスに仕上げたいんです。
 
アンダーの部分
息を吸ったとき、緊張したとき、ごはん食べたとき
すべてを想定しての数ミリにこだわりたいんです。
息を吸ったときの感覚・
ごはんを食べたときの想像
すべて検討しています。
お直しに対しての思いをば~~~~と書いてしまいました。
 
ウェディングドレス。
それは
ロケーションのみ使用だっても
二次会だけに使用だっても
どうしてもこだわたいんです。
 
ドレスがサイズぴったりなのは当たり前
それ以上の結果にこだわらせてください。
 
どうぞ
花嫁様の笑顔をみさせてください。
 
 
 
6月の仮縫いまで可能なお日にち
1日(木曜)予約完了3日(土曜)予約完了

4日(日曜)予約完了

8日(木曜)10日(土曜)予約完了

11日(日曜)予約完了12日(月曜)残り1組様

15日(木曜)残り1組様17日(土曜)残り1組様

23日(金曜)残り1組様

24日(土曜)29日(木曜)

 

※メインがドレスショップなためお日にちを限定させていただいています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中